【保存版】きっと見つかる!自分にぴったりのウクレレの選び方

Ko
今回の記事では初めてウクレレを買う方に向けて自分にぴったりのウクレレの選び方をまとめました。とにかく安いものを買って手軽に始めたいという方も、せっかく買うなら長く使いたいという方も、まずはこの記事を参考にどんなウクレレを買うか検討してみてください。

目次

ウクレレを選ぶ時の基準

初めてのウクレレを買う際には、まずはウクレレを選ぶ上で重要となる要素について知る必要があります。とは言っても、初めてウクレレを買う方にとって気をつけるべき点は大きく4つだけ。もちろん使い方によってはより細かい要素について注意を払う必要があるかもしれませんが、まずは最初の一本を買ってみたいという方は下記のポイントに注目してみてください。

初めてのウクレレを選ぶ時のポイント
1. 値段
2. サイズ・デザイン
3. ピックアップの有無
4. ケースの種類
1と2に関してはどんな人でも決めておく必要があります。まずは予算を決め、その中でどのサイズのウクレレにどんな特徴があるのかを把握しておきましょう。3と4に関しては使い方によって必要であったり不要であったりするので、ご自分の用途に合わせて選んでみてください。

ということで、ここからはひとつひとつのポイントについて詳しく解説していきます。

予算を決める

楽器を買うとなるとやはり気になるのは値段ですよね。特に初めて楽器を買う方は「楽器って高いんじゃないの?」というイメージがあるのではないでしょうか。しかし実は、ウクレレは安いもので3,000円前後から手に入るのです。長く使うとしても10,000円前後で充分なものが買えます。初心者向けの手頃な値段で手に入るものについてまとめた記事もございますので、ぜひ参考にしてみてください。

ウクレレは価格帯によってそれぞれ特徴がありますので、以下を参考にご自分の予算とウクレレを買う目的に合ったものを見つけてみてください。また各価格帯ごとにおすすめのサイズも記載していますので、「サイズ・デザイン」の項目と照らし合わせながら選んでみてください。

3,000-7,000円

こんな方にオススメ!
・音の善し悪しは分からないが、趣味・遊び感覚で気軽に始めたい
・デザインにこだわりたい
 - プラスチック製のカラフルなモデルや個性的な形のサウンドホールを持つモデルなどが多い

→ ソプラノサイズ・コンサートサイズがオススメ

8,000-15,000円

こんな方にオススメ!
・ある程度は音にもこだわりたい
・アコースティックの楽器らしい木目のデザインのものが欲しい
・コンサートなどでの演奏を前提として、ある程度の音量が欲しい

→ コンサートサイズ・テナーサイズがオススメ

18,000-50,000円

こんな方にオススメ!
・自分の手に馴染むものを選びたい
・長く使えるウクレレがほしい
・アンプに繋いでの演奏を前提として、ピックアップ搭載型モデルが欲しい

→ コンサートサイズ・テナーサイズがオススメ

70,000円〜

こんな方にオススメ!
・数十年使い続けられるレベルの一級品が欲しい
・弾きやすく音も良いウクレレが欲しい
・憧れの一流プレイヤーと同じモデルを使いたい

→ コンサートサイズ・テナーサイズ・バリトンサイズがオススメ

サイズ・デザインを知る

ウクレレにはいくつかのサイズがあり、それぞれに特徴があります。ご自身の用途に合わせて適切なサイズを選びましょう。ウクレレの特長のひとつである持ち運びやすさを重視する方は小さめのサイズ、深く味わいのある音が好みの方は大きめのサイズを選んでみてください。

ソプラノサイズ

ソプラノサイズは一般的なウクレレの中では最も小さいサイズで、持ち運びやすく部屋に置いても邪魔になりにくいサイズです。価格も安いものが多く、デザインも豊富。音はとても軽い音が鳴りますので、ウクレレらしい可愛らしい音を楽しみたい方にはオススメのサイズです。手の小さい方でも簡単に扱えるので、弦楽器を演奏した経験のない方でも安心して始められるでしょう。

コンサートサイズ

コンサートサイズはソプラノサイズよりも一回り大きく、その分広い音域を演奏することができるサイズです。ソプラノサイズ同様、部屋に置いても邪魔になるほどの大きさではありません。ウクレレらしい小さく丸みを帯びたデザインが多いですが、ソプラノサイズほどカラーバリエーションは多くありませんのでご注意を。その代わりに美しい木目のデザインが豊富ですから、楽器らしい高級感ある見た目にこだわりたい方にはオススメです。

テナーサイズ

テナーサイズはコンサートサイズよりもさらに大きく、フレット幅もゆったりと作られているため、手の大きい方でも楽に演奏できるサイズです。ボディの大きさによって音は比較的大きく、アンプを通さない室内のアコースティックコンサートなどでも充分な音量を確保できるでしょう。ソプラノ・コンサートサイズと比べるとサイズは割と差があるため、部屋に置くと比較的存在感のあるサイズです。逆に言えば、インテリア感覚で置いておくこともできそうです。ただやはり、サイズ・音量どちらをとっても狭い部屋には向いていないサイズと言えるかもしれません。

バリトンサイズ

一般的なウクレレの中で最も大きいバリトンサイズは、小さめのアコースティックギターのような見た目をしています。チューニングもウクレレのものとは異なり、用途もかなりギター寄りになります。ギター経験者の方にはとっつきやすいサイズ感かもしれませんが、ウクレレの小ささや可愛らしい音に魅力を感じる方にはオススメできません。ただ、通常のウクレレとは違った深みのある魅力的な音が出ますから、楽器屋さんに置いてあったら一度聴かせてもらってみてはいかがでしょうか。

用途に合わせて選ぶ

ここまで紹介したポイント以外にも注意すべき点を2つご紹介します。演奏方法や持ち運ぶ際の状況によって必要なものが変わってきますので、ご自分の使い方に合わせて選んでみてください。

ピックアップ

ピックアップとは、アンプに繋いで演奏する際に必要なパーツで、ウクレレの音を拾ってアンプに出力してくれるマイクのことです。実際にアンプから音を出すためにはシールドと呼ばれるケーブルを使ってウクレレとアンプを接続する必要がありますので、ライブハウスなどで演奏することが想定される方はピックアップ搭載型のモデルとシールドを手に入れておくと安心です。
最初からピックアップが搭載されていないモデルでも、楽器店で購入したピックアップを後付けすることも可能です。しかし、ほとんどの場合はウクレレ本体に穴をあけるなどの工程が必要になるため、本来の音が失われることもあります。ピックアップ搭載型か否かは、ウクレレ本体を買うタイミングで気をつけておくべきポイントのひとつと言えるでしょう。

ケース

ウクレレ本体の選び方とは少し違った話になってしまいますが、ウクレレを持ち運ぶ際に欠かせないケースについてもご説明しておきます。ウクレレを入れるケースには大きく分けてハードケースソフトケースの2つがあります。

ハードケースは衝撃や水濡れに比較的強く作られているため、車やバス、飛行機に持ち込んで移動する際にもある程度安心です。多少ずっしりとした重量感はありますが、ウクレレの破損の可能性を考えると長距離の移動の際や満員電車に持ち込む際にはハードケースに入れておくことを強くオススメします。

一方のソフトケースは、布などで比較的薄く作られているため、ハードケースほどの耐久性はありません。ただ、ハードケースと比べると圧倒的に軽いため、近所へのちょっとしたお出かけ程度ならソフトケースで充分なこともあるでしょう。価格も比較的安く、ウクレレ本体を買うと付属品としてついてくることもあったりと、手に入れやすい点も魅力のひとつと言えます。

ケースを選ぶ際にはご自分のウクレレがきちんと入るサイズかどうかに要注意。ケースが小さすぎてはウクレレを入れることができませんし、大きすぎるとケース内での破損につながることもあります。楽器店で店員さんにウクレレ本体を見せればちょうどよいサイズのケースを教えてくれますから、ぜひ相談してみてください。また、ケースはウクレレ同様長く使うことになりますから、お気に入りのデザインのものを選ぶことを強くオススメします。手頃な値段のものを複数買って、気分や場面によって使い分けるのも楽しいかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたか。「ウクレレを始めたいけどどれを買えばいいか分からない!」という声はよく聞きますし、せっかく楽器を買うなら長く愛用できるものを選びたいはず。初心者の方は特に悩むポイントかと思いますので、この記事を見てご自分にピッタリのウクレレを選んで楽しんでいただければと思います。Ukulele Libertyでは今後も初心者の方に向けて練習方法や参考になる動画などについての記事を公開していきますので、皆さんのウクレレライフのお伴としてお楽しみいただければ幸いです。

The following two tabs change content below.
早稲田大学国際教養学部在学中。当メディア編集長を務める。
大学入学と同時にウクレレを始め、サークル活動ではアコースティックやバンド編成での演奏を経験。
2015年から、ハワイ大学マノア校(University of Hawaii at Manoa)での一年間の留学を経験。ハワイにおける観光産業の動きや経営について学ぶ。

ウクレレを広めるために記事拡散!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です